MENU
LINE@
0120-93-5606 受付時間 9:00~17:30(平日)

ドーミーブログ

ホーム > ドーミーブログ > 【高校生の一人暮らし】名古屋に一人で引越をし、1年間生活してみた私の私生活

【高校生の一人暮らし】名古屋に一人で引越をし、1年間生活してみた私の私生活

ドーミーブログ
2020.03.04

あなたは今、不安ですか?

私は長野県から高校二年生の春、当時通っていた高校を退学して、名古屋市の学校に転校しました。

もちろん私も最初は不安でした。

同じ境遇の方がいれば少しでも参考になればと思い、私が転校するにあたって新しい環境づくりのために自分でやってきたことを、大まかに紹介します。

 

  1. 新しい学校探し
  2. 住居探し
  3. 新しい環境でのバイト探し

 

まず、1の新しい学校探しから紹介します。

現在私の通っている高校は、『N高等学校』です。

どのような高校かというと、通学コース・ネットコース、と2つにコースが分かれ、

自分の都合によって学校に通う頻度を選べる通信制の高校です。

通学コースだと週5・週3・週1の3つのコースに分類されていて、

そのうちの週3コースに私は通っています。

私の暮らしている寮からは徒歩25分ほどの栄という街にある高校です。

電車で通うこともでき、電車で通うと、おおよそ20分かからないくらいの所です。

高校に通学してみた感想は「頑張る人にはちょうどいい。」という感じです。

 

 

続いて2の住居探しです。

私の暮らしてる寮は、ドーミーちくさ3という寮で、上記にあるN高等学校が推奨している寮です。

私は初めての1人暮らしで、地元でも約一年ほどアルバイトはしていましたが、

まだ自分に家具・家電などを買い揃えられる財力がなかったのと、

セキュリティ面がどうしても元田舎暮らしということもあり不安だったので

高校の推奨寮の、私が見る中で一番家賃の安い寮にしました。

それでも、食事面もしっかりしているので、食事面が不安な方はバランスがとれた食事ができるので安心できると思います。

私自身も最初は食事付きで入寮していて、ご飯も手作りで美味しくて、毎日帰った後と、朝起きてからのご飯は楽しみでした。

ですが、私は朝起きるのが苦手で、朝ごはんを食べ逃すことや、

そもそも元々朝ごはんを食べる生活はしていなくて、それならご飯は夜だけでいいかと思い、夜はバイトをしていて賄いを頂いていたので、食事別契約に変更しました。

そして気になる治安です。

千種の治安は住んでみた感想としては、そこそこいい印象です。

周りの街は栄えているけれど、千種区は ザ・住宅街 という感じ。

ドーミーちくさ3は、目の前に小学校があるので、避難場所も十分に確保されています。

そして、買物もすごく便利です。

徒歩5分圏内にはコンビニや牛丼屋さん、

10分ほど歩けばショッピングモールもあるので、全て近場で事足ります!

 

ここで突然ですが、私は食べるのが大好きなので

今まで食べてきた数々の寮ご飯を紹介します!

 

*朝:ご飯かパン・ドリンクを自分でカスタムできます。

 

 

 

 

*夜:この日はつけ麺でした!!

 

 

 

次は3のアルバイト探しについてです。

まず前提として、私は自分のお金で家賃を支払い、自分のお金で食べて暮らしています。

それは、入寮する前から私は心に決めて居たので有言実行できるように頑張っています。

それでも私はまだ高校二年生の17歳で、雇ってもらえる時間も制限されているし、職種もすごく限られます。

ですがこの寮に住んでいると、便利なことに、大体どっちの方位に向かっても町が栄えているので、飲食店が多く、高校生も働ける環境がすぐ近くにあります。

近くの今池、栄、名古屋、の居酒屋では大体が時給1000円ほどで雇ってもらえます。

なので、お小遣い稼ぎには十分のアルバイト先が見つかると思います。

私自身も居酒屋で長く働いて居ますが、働いたみた感想としては、とても楽しい中に、大変な面もあるのかなあという印象でした。

居酒屋は特に、自分にお客さんがついてくれたりすることもあるので、すごくやりがいを感じられるお仕事でもありました。

その反面、絡んで来るお客様も少なくはないです。

どこのどんなお店でも様々な問題が時には起きます。

そういう時、いかに対処して行くかが大切になります。

ちなみに、私は今現在大きなチェーン店で落ち着いています。

もちろんメリットデメリットありますが、今はチェーン店が働きやすいなあという印象が私は強いです。

どのお店も、働いてみなければわからないというのが働く上で少し大変ですね。

  

 

最後に

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

私と同じような生活をしていく人が、どのくらいいるのかはわかりませんが、

このように生活していくのは簡単ではありません。

もちろん時には親の力も借ります。

私からあなたの力になれることは、こうして文章で伝えることしかありませんが、

この文を読んで、少しでも頑張ろうって思ってもらえたら嬉しいです。

寮で友達ができなくても、全然何の問題もないと思います。

私は長野県から特急列車でキャリーケース一つだけ持って1人で引っ越してきたので、

不安な気持ちはすごくわかります。

ですが、寮長さん及び寮のスタッフさんはみんな優しいです。

私は残りの高校生活、この寮で暮らします。

今と同じように、自分で稼ぐお金で暮らします。

高校生で、不安だよってあなたもきっと大丈夫。

こうして生活できているのは私だから’’ではないです。

こうして生活しているのは私だけかもしれませんが、

誰だってやってみなければわからないものです。

不安でも、楽しいことが多いです。

頑張るあなたをきっとたくさんの人が支えてくれます。

 

ドーミーで私たちと一緒に暮らしてみませんか??

 

女の人 男の人

お問い合わせ・
お申し込みについて

空室状況のご確認や仮予約申込み、お申込みは下記のボタンからお問い合わせください。